引越し 当日までの過ごし方

MENU

移動日までの過ごし方

引越しというのは、当日に新居へ荷物を運ぶだけではありません。
移動日までに済ませておかなければいけないこともたくさんありますので、移動日までの過ごし方が重要になってきます。

 

まず、引越しをするとなると不要な物も出てくると思います。
その中には粗大ごみに該当する物もあると思いますが、粗大ごみの収集は各自治体によって定められており、勝手に捨てるということはできません。
そのため、必要な物と不要なものを事前にしっかりと分け、粗大ごみがあるのであれば早めに処分ができるように手続きをする必要があります。
一般的には粗大ごみ収集用のシールなどを料金を支払い入手し、そのシールを貼り付けたうえで決められた場所に出すことになります。

 

また、お子さんがいるという場合には転校の手続きも必要になります。
担任の先生に引越しをするということを伝え、必要な手続きなどを済ませていきましょう。
細かい部分については担任の先生から指示がありますのでその指示に従ってください。

 

水道、電気、ガス、電話会社などにも連絡をしなければいけません。
料金の請求先が変わることになるわけですから、こうした手続きも移動日までにしっかりと済ませておく必要があります。
保険会社やカード会社にも住所が変わることを伝えなければいけませんし、銀行や郵便局にも住所が変わることを伝え、手続きをする必要があります。
市役所での転入、転出届も大切です。
こうした手続は移動日の2週間前から受け付けていますので、なるべく早く済ませてしまいましょう。
引越し前後はなにかと忙しくなるため、こうした手続きは忘れてしまいがちです。

 

このように、引越し前にはやるべきことが非常にたくさんあります。
引越しをするだけでも忙しく大変なものですが、その中で多くの手続きもしなければならなくなります。
こうした作業はできる時にしておかないと後々大変になってきますので、できるものから次々と済ませてしまうようにしましょう。